私が耳切れや痒みを引き起こしていた原因は、シャンプーやコンディショナーのすすぎ不足と刺激でした。

結局、いくつものシャンプーを試しましたが、「ハーブガーデン」というオーガニックシャンプーを使うようになってから耳切れと痒みが改善しました。

繰り返す耳切れの原因を知った経緯

私は美容師さんからおススメされたハーブガーデンというオーガニックシャンプーに変更してから、耳切れや湿疹の再発が無くなりました。

始めて耳切れになったときは痒みから始まり、掻いてしまった箇所が炎症を起こし切れていました。

それからはなるべく手で触らないようにしました。自然治癒させようと思ったのですが、一向に治る気配がなかったので、市販の炎症を抑えるステロイド入りの軟膏を塗っていました。軟膏を塗っている間は改善するのですが、辞めるとまた耳切れが出来る…この繰り返しでした。

何が原因なのか不思議に思っていた時に、美容師さんが、シャンプーを変えてみたらどうですか?と教えてもらったのがハーブガーデンのオーガニックシャンプーでした。

美容師さんからは、すすぎ過ぎるくらいすすいで、シャンプーがついてしまっている箇所、耳やお顔の周りもしっかり洗ってねとも言われて実践。

しばらくすると、痒みがなくなり炎症の赤みも軽減し耳切れが改善しました。

耳切れ、耳の湿疹ってどういう症状?

耳切れ、耳の湿疹に頭を抱える女性

  • 耳たぶの付け根が痒い
  • シャンプーの時に耳にしみて痛い
  • 耳裏が痒く皮がむける

こういった症状がある人は耳切れや湿疹が起きています。悪化するとジュクジュクしたり常に痛みを伴ったりします。悪化してしまった場合は、病院でステロイドの塗り薬を貰うのが一般的です。

また、耳切れは繰り返す人が多く、ステロイドの薬を常用してしまう人も少なくありません。

そもそも耳切れの原因って?

耳切れの原因を考える女性

  • 髪を洗いすぎてシャンプーの刺激が強い
  • シャンプー時のすすぎが不十分で耳に汚れが残る
  • 乾燥からの痒み

この3つがほとんど。

シャンプーやコンディショナーの刺激

私がそうだったようにフケや痒みにも悩んでいる人はこの可能性が大きいです。

お肌が元々弱いと、一般的な石油系のシャンプーでは洗浄力が強いのです。必要な油分までなくなってしまい、乾燥し痒くなり書いてしまう…。これが悪循環となり、耳切れの原因になります。

私が洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプー『ハーブガーデンシャンプー&トリートメント』を実際に使用してみて耳切れが改善され理由は、刺激成分が一切入っていなかったからだと実感しています。

ハーブガーデンシャンプーの成分詳細を確認するとわかります。

【1】天然成分『100%』の成分しか使用していない
  • 天然由来の洗浄剤を使用。
  • 香料、防腐剤も天然成分から作られたもののみを使用。
  • 精製水(シャンプーの36%の成分)は頭皮と髪に良いオーガニックハーブ(農薬や化学肥料を使わないで育てられた)を煮出した「ハーブウォーター」を使用。
  • 本当に優しく安全な天然の保湿成分やミネラルからできているので、肌の弱い人でも安心して使えます。子供にもオススメ!

    【2】ノンシリコンのアミノ酸シャンプー

    人の体と同じ成分の「アミノ酸」で洗うから、肌荒れを起こす可能性は限りなく低い。

    【3】石油系界面活性剤、合成着色料、香料、保存料不使用

    耳切れをする人には特に避けるべき、刺激の強い界面活性剤や化学成分は一切含まれていません。
    通常髪の毛だけにつけるトリートメントも、ハーブガーデンは頭皮にもみこんでマッサージをするのを推奨しているくらい。
    それだけ身体に安心な、むしろ取り入れたほうが良い成分でできているってこと。身体に悪いものは入ってないため、すすぎ残しがどうしても避けられない子供でも神経質にならずに安心して使えるのもいい。

    シャンプーやコンディショナーのすすぎ不足

    美容室に行ってシャンプーをしてもらう時、何度も何度もよくすすいでもらいますが、自宅ですすぐときは、あまりすすがない人は意外といるのでは。

    お風呂から上がると、髪や耳周りにシャンプーの泡が残っていた経験は誰にもあるかと思います。すすぎが少ない分、しっかりと落としきれていないので、シャンプーの成分が耳周辺に残ってしまい、痒みと炎症を起こし、耳切れになることがあります。

    きちんと洗えていなく汚れが溜まっている

    シャンプーやコンディショナー、洗顔料などの洗い残しももちろんありますが、古い皮脂が残っている場合もあります。

    石鹸で泡を立てて、優しく丁寧に耳周りを洗い流して耳周りを清潔に保つことが重要です。

    ここが出来ていないと、炎症が起きた時に雑菌が繁殖し悪化してしまいます。

    冬場だけ悪化するならば、乾燥 が原因

    冬は外気が乾燥しているので、特に外出する機会が多い人は本来備わっているお肌の油分が足りなくてカサカサしたお肌になってしまいます。

    いわゆる乾燥肌といわれるものです。元々乾燥肌の人も同じことが言えます。アトピー性皮膚炎の人もお肌が乾燥しているので、乾燥が原因で耳切れになることがあります。

    また、肌が乾燥している時は少しの刺激でも痒みや炎症を引き起こしやすいです。洋服を着たり脱いだりした時に衣類がこすれて刺激になることもあるので、耳に当たらないように注意して行いましょう。

    耳切れの治し方

    耳切れの治し方

    お肌の乾燥や、衣類などの刺激、シャンプーのすすぎ不足などで耳切れになってしまったら、早めに病院へ行くことをお薦めします。

    治し方1病院に行く

    耳や耳周辺が赤くなっていたら、悪化しないうちに皮膚科に行きましょう。耳切れといってもいろいろな原因や症状があり、素人の判断でケアをするのはかえって悪化させてしまうことがあります。病院で正しく診断してもらい、医師の指示で専用のお薬を塗ったり、内服薬を服用して治すことをお薦めします。

    治し方2清潔にする

    意識をしていないと耳や耳周りはちゃんと洗えていない人が多いと思いますが、耳が切れていると少し触れるだけでも痛みを感じるので、石鹸をつけて洗い流すという行為は痛みが耐え難いと思います。

    しかし、耳周りを清潔に保たないと悪化する一方です。耳周りを低刺激の泡をよくたてた石鹸で良く洗い流すことが大切になってきます。このとき、指で優しくこすりながら洗い、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

    治し方3消毒する

    耳の切れたところから雑菌が入り繁殖してしまうと悪化してしまうので消毒をします。市販の消毒液を使用すれば治りも早いですが、消毒液でしみるのが嫌な人は、ハーブウォーターと呼ばれるハーブを主原料と使うと良いです。

    ラベンダー水やカモミール水といったもので代用することができます。即効性は期待できませんが、ハーブに本来備わっている薬理作用の消毒作用や炎症を抑える作用が穏やかに作用するので安心して使用することができます

    治し方4クリームを塗る

    お肌の乾燥や石鹸やシャンプーの強い洗浄力によって奪われた水分を無添加のクリームなどで油分を保湿してあげることが大切になってきます。

    そのクリームにも、色々な成分が含まれているので、余計なものが入っていない無添加のクリームを選ぶことが大切になってきます。また、ホホバオイルなどの植物油には植物本来に備わっている成分があり、炎症を抑えてくれます。

    耳切れを根本から防ぐ方法

    耳切れの治し方

    耳切れは繰り返す人が多いのです。なぜならば、根本となる原因の改善が出来ていないから。耳切れの悩みを解決するには根本から防ぐことが重要です。

    従来のシャンプーをオーガニックシャンプーに変える

    従来の石油系シャンプーはとても洗浄力が強く、大量に製造するために、本来は必要のない成分を入れていることもあります。そういった成分は分子量がとても小さいので容易に私たちの身体の中に入り込んでしまいます。

    その結果、お肌を傷めたりすることがあります。シャンプー選びをするときには、石油系界面活性剤やシリコン、防腐剤などが入っていないものを選びましょう。またオーガニックのものや、薬理作用もあるハーブや精油が入ったシャンプーを選ぶとかゆみや炎症を抑える役割もあるのでお薦めです。

    >>ハーブガーデンシャンプーと市販シャンプーの口コミ比較

    乾燥を防ぐ

    冬の季節や、外気が乾燥をしているときは、耳がすっぽりと入る帽子をかぶったり、耳あてをするなどして耳を乾燥から防ぐことが大切です。この時の帽子や耳あての素材にも注意をすることが大切です。

    保湿をする

    耳周りが乾燥しやすく切れやすい人は、お顔に化粧水や美容液をつけるように、耳や耳の周りに水分をたっぷりと与えて、乳液で油分を与え、美容液で水分と油分を閉じ込めましょう。

    化粧水の場合は直接耳にシュッと吹きかけてもよいですが、オーガニックのコットンに化粧水をたっぷりと染み込ませて耳や耳周辺に優しく押し付けるようにすると、しっかりとつけることが出来ます。

    美容室でパーマをかける時に頭にかぶせるキャップなどがあれば保湿をしたあとにキャップをかけてしばらくすると耳や耳周りがしっとりしていることが分かります。

    おわりに

    お肌が切れて炎症するのはとても痛いことで、気になって眠れないこともあるかもしれません。そうしないためには、清潔にし、乾燥を防いで、しっかりと保湿をすることが大切です。

    それから、シャンプーを無添加で石油系の界面活性剤を使用していない、アミノ酸系のオーガニックシャンプーに取り換えて、しっかり洗い流すことが大切です。どれも難しいことではないので、しっかりと予防して、健やかな毎日を送れるといいですね。